極楽トンボの沖縄航海

たじり海の駅からスタートした24フィートの小型ヨット、極楽トンボの航海記です。瀬戸内海各地の海の駅へ寄港して、4月26日、屋久島へ到着しました。

大三島で大山祇神社の御札をいただき、松山の和気マリーナの後、三机港で一泊。潮が逆巻く佐田岬を回って(この時9.2ノットを記録)佐伯大入島の海の駅で休養を兼ねて二泊。お風呂に洗濯、美味しい夕食と素晴らしいところでした。
そして蒲江港で一泊、道の駅やAコープ、きれいなトイレがあり至便でした。細島港海の駅で一泊、レストランが近くにありました。宮崎ではサンマリーナに断られ(浅瀬ができビジターは受け入れていませんでした)港湾管理事務所の手配で本港に係留、偶然知り合った宮崎外洋帆走協会の金井さんに身に余るお世話をいただきました。その後は油津でASMOのバッテリーの充電と、私と鎌田さんの充電を兼ねて二泊しました。この陸電を、岸壁に来られた甲斐さんに鎌田さんがお願いしたところ、色々と手配をしていただき、個人の所有する浮き桟橋で陸電をお借りし、ここでも身に余るお世話をいただくことになりました。宮崎は本当に素晴らしい人が多くいると感激しました。
続きはこちらから・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です