海の駅・ネットワーク

メインメニュー

海の駅として登録された全国の海の駅News

海の駅・ネットワーク / 未分類 / 笠岡諸島の真鍋島

笠岡諸島の真鍋島

備讃瀬戸の西航路に近い、真鍋島。
ここに穴場の海賊料理のお店があります。
といっても、予約で1日3組程度のお客様だけです。

昨年、東京の友人のOさんのヨットを牛窓から広島の観音までクルージングで回航しましたが、その途中で立ち寄りました。
塩飽諸島を15時に通過して、夕方の17時に真鍋島に入港しました。
早速、うわさの海賊料理の漁火(イサリビでなく「リョウカ」と呼びます)のおばさんのようなオヤジ?が桟橋に出て、舫いを取ってくれました。

最初に出たのが、「海老の踊り食い」。次は蛸の刺身ぶつ切りで、海老は跳ねるわ、蛸は貼り付くわでたいへん!たいへん!
つづいて、石鯛とサザエ、鰆の刺身の活き造り、次が「渡り蟹の塩焼き」、これがまた絶品!

それから、蛸と海老のてんぷら、車海老と蛸の焼き物、まだまだでましたが、最後はシャコとカマの入った味噌汁でフィニッシュ。

当初は船中泊の予定でしたが、お酒もしっかり入ってしまったので、オヤジの新築の民宿になだれ込んで熟睡した次第です。

ご利用は、事前の予約が必要です。

コメント1 to 笠岡諸島の真鍋島

  1. admin より:

    すごい!!!いってみたい。いつも通り過ぎていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です