いまばり・みやうら「海の駅」とボートゲームフィッシング in 愛媛

10月9日は、大三島のいまばり・みやうら「海の駅」で、(社)日本舟艇工業会四国支部主催のボートゲームフィッシング in 愛媛大会が行われました。

日本で最大のビジター桟橋を誇るいまばり・みやうら「海の駅」に、近くは四国エリアの今治、新居浜や中国エリアの福山、尾道、そして遠くは高知から、20フィートから35フィートまでのフィッシングボートが18隻、参加者数は約100名の太公望が集結しました。

快晴・無風の絶好のコンディションの中、早朝の6時からのスタートフィッシングで、参加艇全艇が大三島~今治沖の海域に大きく広がって釣り始めました。

指名魚は「タイ」と「青物」の2の部門で、ルアーを使用してのスポーツフィッシングですので、ベテランの釣り師から、今話題の釣りガール、そして小学生のちびっ子アングラーまでが参加していました。

そして、12時から午後1時半までの間が検量です。

次々に帰ってくる参加艇の中には、見事なタイやハマチ、アコウ、マゴチ、カサゴ、などなど。なかなかの大量です。

そんな素晴らしい釣果での、ボートゲームフィッシング in 愛媛の模様を写真でご覧ください。