海の駅ブログ

メインメニュー

海の駅として登録された全国の海の駅ブログ

海の駅ブログ / かしわざき海の駅 パスポート会員 中部海域 / ■富山県遠征!太刀魚釣りレポート

■富山県遠征!太刀魚釣りレポート

このたび、日頃親しくお付き合いをさせていただいている富山県の水橋フィッシャリーナ様より“富山の冬の風物詩”とも言える「太刀魚釣り」のお誘いがあり、昨日26日(火)に利用者の皆様と共におとなりの富山県へと遠征して参りました。

実はこのお誘いがあったのは11月上旬のことで、実施予定日は当初11月19日(火)でした。
ところが、このところ週初めに低気圧が日本海を通過し、週末にかけて高気圧が広がるという天気が周期的に続いており、予定日の19日は残念ながら強い低気圧の影響で富山県沿岸にも強い西風が吹くおそれがあったため中止となり、実施は翌週の26日(火)に延期ということになりました。

この延期により、どうしてもお仕事の調整が付かず今回参加できなかった方が数名いらっしゃいましたが、平日にもかかわらず、最終的に10数名の参加者となりました!

 
■まだ薄暗い中、各船に荷物を積み込み準備する参加者の方々。
施設は新しくきれいに整備されており、浮桟橋のため乗船もしやすかったです。

 
■今回乗船した2隻の遊漁船(左:ドリームワン、右:泰誠丸)どちらの船も釣りの装備が整った非常に使いやすい船でした。

 
■地元の釣り名人の方々も駆けつけて下さり、太刀魚の釣り方から餌の付け方まで親身になって面倒を見て下さいました。

当日は午前6時に現地集合ということにしておりましたが、早い方は5時半頃にはすでに到着しておられたようです。
現地のスタッフの方々も、まだ夜も明けきらぬ暗い内からクラブハウスを開けて待っていて下さり、到着した我々に暖かいお茶まで出していただきました。

各自が準備を済ませ、各船7時前には出港となりましたが、ポイントは港から目と鼻の先ほど近く、その上水深は100m前後と急深の地形に参加者全員が驚かされました。

富山の太刀魚釣りの仕掛けは独特で、「両天秤」(またはY字天秤)といわれる非常に珍しい(少なくとも新潟県では)片腕60㎝程の大型天秤の両端に、1.5~3m程度のハリス長の1本針仕掛けを使います。エサはというと、これまた珍しいコノシロの切り身を使います。
使ってみて思いましたが、コノシロは皮が固くてエサ持ちも良く、太刀魚の激しい攻撃にもかなり持ちこたえてくれる優秀なエサでした。


■両天秤は現地でしか売っていないため、現地のスタッフの方に頼んで準備していただきました。

 
■出港時には全員でお見送りまでしていただき、参加者全員「手ぶらでは帰港できない!!」と気を引き締め、沖へと向かいましたました。


■港から5分程度走ったあたりでアンカーを打ち、釣り開始となりました。
ポイントは岸から500mも離れておらず、水深は90~100m!!
参加者一同、改めて富山湾独特の海底地形に驚かされました。

エサ取りが上手で本アタリを取るのが難しい太刀魚と、慣れない仕掛けで初めのうちは思うように釣果があがりませんでしたが、そこは皆さん釣りのベテラン。
30分もしないうちに要領をつかみ、着実に数を伸ばしていきます。

ダブルで掛ける方もいる一方で、太刀魚の鋭い歯によって仕掛けを切られる方も続出しました。中には道糸から切られ、天秤ごとすべて持って行かれる方もいる程でした。




■要領をつかんでからは船中慌ただしくなり、次々と銀色の太刀魚の姿が宙に舞いました!!

そんなお約束のトラブルにも対処できるようになってきた矢先、風の向きが変わったかと思うと急に西向きの強い風が吹き始め、周囲の海面は一瞬で時化模様に…。
しかし、そこは船長も落ち着いており、手慣れた手つきで撤収の準備を始め、素早い判断で「仕掛けをあげて帰港します」とのアナウンスがありました。

まさに「これから!」というタイミングでの帰港となってしまった訳ですが、この日新潟県が大荒れだったことを思えば、つかの間とはいえ富山で太刀魚釣りができたことは参加者全員にとって貴重な経験となったのではないでしょうか。


■午前9時過ぎ頃から徐々に雲行きが怪しくなり、西の突風が吹き始めると辺り一面に白波が立ちました。ほどなくして船長から「撤収!」の声がかかり、後ろ髪を引かれる思いで港へ戻りました…。
お昼頃までやる予定が少し早まってしまい残念ではありましたが、正味2時間ほどの釣行で各自10~20尾と太刀魚釣りの醍醐味を十分味わうことができました。


■帰港後、ビジター桟橋に係留された2隻。手前が「ドリームワン」で奥が「泰誠丸」です。興味のある方はホームページをご覧になって見て下さい!!
これからの時期は、太刀魚だけでなく、アカムツ、オニカサゴ、アマダイ、タルイカ等の釣り物があるようです。

「ドリームワン」ホームページ
※ページ内で泰誠丸の紹介もされています。


■冷たい雨と風の中での釣行でしたが、帰港後は現地スタッフの皆様の心遣いにより、暖かいコーヒーを頂戴しながら、話は各自の釣果自慢から太刀魚の調理法など釣り談議に花を咲かせることができました。

 
■帰港後、水橋フィッシャリーナを運営する「NPO法人浦島倶楽部」事務局長の稲荷さんよりご挨拶をいただきました。
自らもマイボートで釣りをされている経験から、県外の方にも富山の釣りを体験してほしいとの思いで今回のイベントを企画されました。

 
■帰港後、大型の太刀魚が釣れたので検量したら、1.5㎏/115㎝ありました!!

そのタチウオを釣ったのは…↓↓↓



■この日最大の記録は、指5本サイズの太刀魚でした!!一番釣ってはならない人物が釣ってしまうという結末となりました…。(釣り人:マリーナスタッフKY君)


■最後にお世話になったスタッフの皆様、一緒に乗船いただいた地元の方々、そして船長のお二人も交えて参加者全員で記念撮影をいたしました。

今回のことは水橋フィッシャリーナのホームページでも「最近のニュース」として紹介されておりますので、ぜひご覧になってみて下さい。

■新潟県柏崎マリーナの「スタッフブログ」は、にほんブログ村のブログランキングに参加しています。
よろしければ下の各バナーのクリックにご協力ください!!
クリックすると各ランキングの順位を確認することができますし、全国の釣りに関するブログを見ることもできるようになっています。

↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
雄大な立山連峰を望みながらの釣りは富山湾でしか味わえません!

RELATED POSTS

■ブログを引越しました!

この度、新潟県柏崎マリーナのウェブサイトをリニューアルいたしました。 それにともない、スタッフブログをウェブサイト内に引越しいたしましたので、お手数ですがアドレス変更のご登録をお願いいたします。 新潟県柏崎マリーナでは、今後も日々の出来事や、最新の釣果情報をお届けできるようスタッフ一同、鋭意努力して参りたいと思っております。 今後とも変わらぬご愛顧の程、宜しくお願い申し上げます。 ..

■猛暑日!(アラ、ハチメ、真鯛)

本日、7月28日の梅雨明け宣言から最初の週末でしたが「まさに真夏日!」 昼になるにつれて、「まるで太陽を背負っている」かの様な暑さで、午後に興味本位でハーバーの外気温を計って見たら... ■気象庁から発表の日中最高気温35℃に対して、バーバーの外気温が... 【50.2℃】と驚愕の気温を記録しました。 8・9月と海岸部は、気温が上がる時期なので出港・後片付けの際は、熱中症に ..

  • ■柏崎マリンスポーツフェスタを開催しました! 
  • ■花火大会当日の釣果と翌日の悪天候
  • ■いよいよ明日「海の大花火大会」開催!!
  • ■そろそろ梅雨明けか!(ヒラマサ、白キス、ハチメ、黒ムツ)
  • ■不安定な3連休の天気
  • ■台風後の沖には...(ハチメ、メギス、スルメイカ、キジハタ、ウマズラ)
  • ■台風8号の影響について
  • ■週末の釣果と台風8号の接近!
  • Comments are Closed